未払い賃金(残業代)の時効が2年から5年へ延長!?

未払い賃金(残業代)の時効が2年から5年へ延長!?

昨年5月の民法改正でされ、民事の債権についてはほぼ一律で「5年」の消滅時効に統一されることとなりました

 

未払い賃金の請求権もこの【民事の債権】にあたるため、現状の労基法では消滅時効を2年と定めていることが、労働者保護の観点と沿わなくなり問題となっているのです。

 

 

クリック⇒日本経済新聞「未払い賃金、時効延長へ議論 厚労省検討会で来夏結論」

 

改正が適用となると、過去に遡り未払い賃金の請求が可能となります。

「未払い賃金なんて無い!」と言い切れる企業は何も恐れることはありませんが、「ちょっと心配・・・」と思われる企業は今一度、以下の見直しをしてみてほしいと思います。

・適正な勤怠管理や残業手当の計算

・就業規則や賃金規程の見直し

・管理監督者の要件の確認(名ばかり管理職なっていないか)

 

 

~従業員が安心して働け、事業に専念できる環境を整えるお手伝いをいたします~

合同経営 横浜オフィス 知念