「信用」と「信頼」

 先日、経営者団体の勉強会で「信頼」を考える場がありました。

 ある人曰く「世の中に『信用金庫』はあるけど、『信頼金庫』は無いよね」と話をしていました。

 確かにそうです。

 金融機関は、相手の与信を調査し、そのうえで、担保を設定し、返済の契約を取り貸付をします。

 相手が返済義務を履行できるかどうか、信用できるかどうかを判断し、契約関係で貸付を実行します。

 また、預金者も「金融機関」との契約関係で預金をしていることになります。

 「信頼」は、「信じて頼る」という関係となりますから、「信じるに足る」と考えられる関係であることが前提となっているのでしょう。そのうえで、頼っていく関係となってきます。

 「信じて頼れる」という関係が、これからの社内関係や取引先との関係が生まれてくる企業が、生き残っていけるのだと思います。

 古くから「商売人」というものは、安く仕入れて高く売る、信用の出来ない人種のように考えられる傾向があったかと思いますが、これからは「信用と信頼を売る会社」になっていこうとするのも大切なことのように思いました。(林 哲也)