信じていないのに信じられることで、人は変わっていく

 最近「きつねのおきゃくさま」(著:あまん きみこ)という絵本を読みました。

 

 この絵本を読むと、人に信じられる体験をすることで、「信じていなかった自分が信じられることで変わる」ことが、背中と脇の下がこそばく感じながら「うん、そうそう!!」と読みすすみます。

 

 信じていないのに信じられることで、人は変わっていくのだろうな。と静かに感動しました。

 絵本は、大人になって読むと本当に面白いと思いました。

(ネタバレにならない程度にご紹介)

むかしむかし、あったとき。

はらぺこ狐が歩いていると、やろうと思ったが、やせているので考えた。太らせてから食べようと。

そうとも。よくある、よくあることさ。

「やあ、ひよこ。」

「やあ、狐お兄ちゃん。」

「お兄ちゃん?やめてくれよ。」

狐は、ぶるるとみぶるいした。

でも、ひよこは目をまるくして言った。

「ねえ、お兄ちゃん。どこかにいいすみか、なにかなあ。困ってるんだ。」

狐は、心の中でにやりと笑った。

「よしよし、俺のうちにきなよ。」

すると、ひよこが言ったとさ。

「狐お兄ちゃんって、優しいねえ。」

「優しい?やめてくれったら、そんな台詞。」

でも、狐は、生まれて初めて「優しい」なんて言われたので、少しほうっとなった。

ひよこを連れて帰る途中。

「おっとっと、落ち着け落ち着け。」

(以下、購入してご堪能ください)