『やれば出来る』は魔法の合い言

 「『やれば出来る』は魔法の合い言葉」は、よく耳にします。

 まったくそのとおりだと思います。

 日常の中で「やりたくない」と尻込みするとき、それは、前進では無いけど、停滞でもない。

 

 そう思った瞬間に後退しているのだと。

 ある人が「『やりたくない』は悪魔のささやき」だと私に言ったことは、本当にそう思う。

 

 人が集まって、力を合わせて働くときに、どうせなら「やれば出来る」という集団になって仕事をしていきたいものだ。

 人生、職業人としての期間は、60歳定年から70歳現役社会ということも言われる時代になって、長くなったにしても、大切な「時間(とき)」を大切にして生きていきたいものです。

 「やれば出来る」

代表 林 哲也